フード ホットクック

ホットクックを海外で。温泉卵が40分ほっとくだけでできちゃいます。

ホットクックのいいところ、発酵機能もついているんです。温度調整が得意なんですね。

今日は温泉卵を作ってみたので、紹介したいと思います。

発酵機能でできること

  • 温泉卵
  • 塩こうじ
  • 甘酒
  • ヨーグルト
  • クリームチーズ
  • 手作りみそ
  • 手作り豆腐

こんなにたくさんのメニューがホットクックでできてしまうんですね。

今日は、一番手軽にできる温泉卵を紹介します。

温泉卵の作り方手順

  1. 卵(冷蔵のもの)1~10個をうち鍋に入れる
  2. 卵がかぶる程度の水を入れる
  3. 発酵メニューを選択し、スタート

スタート後40分後に出来上がり!

できあがり

カナダに来てから、温泉卵なんて食べたことありませんでした。

ホットクックがうちに来たことで、温泉卵も手軽に食べれるように。一気に10個もできるので、多めに作って、いろいろ使いまわします。

ちょっとタンパク質が足りないなぁと思うときに副菜として出せたりしますね。

温泉卵の活用法

  • そのまま食べる(めんつゆをかけるとおいしい)
  • 煮込みうどんに入れる
  • カレーに入れる
  • 豚丼・照り焼きチキン丼にのせる
この煮込みうどんもホットクックで。材料入れたら、30分で完成!

温泉卵は、もう何にでものせてしまえば、それだけで豪華においしくなるので、あるととっても便利!

最後に

今まで、温泉卵の作り方を探して、熱湯に水を足して、放置するなどのやり方でやったこともありましたが、けっこう失敗することが多かったです。

ホットクックで作ると、発酵温度が68度から70度と選択できて、きちんと調整された温度で発行してくれるので、失敗がありません。

温度調整が得意なホットクック。ほかの発酵食品も作れるので、まだまだ活用できますね。

\この記事はいかがでしたか?/

-フード, ホットクック

© 2020 気まま生活 in バンクーバー