フード

ハリオV60でおうちカフェ。おしゃれに本格コーヒー楽しもう。

いろいろなドリップコーヒーの器具がある中で、ハリオのV60は、

おしゃれで本格的コーヒーが楽しめます。

こども
最近は、おしゃれなカフェも閉まってるから、おうちで本格的にコーヒーが飲みたいな。

カナダのおしゃれカフェでも、このV60使われているところ多いんですよ!でも、今はお店で飲めないので、おうちで自分でいれちゃおう!

やっぱり、コーヒーメーカーで入れるのとは味が違うんです。

ゆっくりドリップしてあげると、おいしくなるんですよ。

ハリオV60

日本発ハリオのコーヒー器具。

海外でも有名なんですね。

バンクーバーのカフェでもこれを使っているところをよく見かけます。

コーヒー好きの私も日本から持って帰ってきました。

特徴

円すい型

中心に向かってお湯が流れることで、コーヒー粉に長く触れ、味と香りをしっかり抽出

スパイラルリブ

ひねりのある溝のようなものが、ドリッパーとペーパーの密着を防ぎ、コーヒー粉をしっかり膨らませます。

大きな穴ひとつ

注いだお湯が制限されることなく、一つの穴から出てくる。

普通のドリップサーバーと何が違うの?

普通のドリッパーは、お湯の出口が3つほど穴が開いていたりします

そうすると、お湯の出口が制限されてしまうようです。

ハリオV60の場合は、一つの穴が出口となるので、よりネルドリップに近づくことができます。

お湯を注ぐスピードを調整すれば、濃い味やすっきり味にするなどの調整が可能

ネルドリップは使用後の処理が面倒ですが、V60はペーパーごと捨てるだけでOK!

用意するもの

  1. ハリオV60ドリッパー
  2. ハリオV60専用のコーヒーフィルター
  3. コーヒー豆挽いたもの
  4. お湯
  5. コーヒーサーバー(ドリップしたコーヒを受けるもの。なければ、直接マグカップでもいいでしょう。)


Amazon Canada

ハリオV60のいれ方

1杯の目安は6gから8g

お湯の量は、100ml

  1. ペーパのギザギザ部分をおって、ドリッパーにセット
  2. 何も入っていない状態でお湯を入れて全体を温める
  3. ハリオV60ドリッパーにいれたい分量のコーヒー豆挽いたものを入れる
  4. 粉は少しゆすって、平にします。
  5. 中心からコーヒー粉全体がしめる程度にお湯をそそぎ、30秒蒸らす。
  6. 中止からうず状にお湯を注ぐ。
  7. 抽出完了したら、ドリッパーを外す
  8. 完成

ココがポイント

お湯を注ぐときは、ペーパーにお湯がかからないようにする。

抽出は3分以内がよい。

今回使用したもの

バンクーバーにあるMoja coffeeのコスタリカブレンド

ミディアムローストです。

お湯100gに対して、コーヒー粉7gで入れたら、少し濃い目でした。

お湯100gに対して、コーヒー粉5〜6gくらいでちょうどいいです。

Moja coffeeのコスタリカは、ホールフーズでも買えますよ!

お味

いつもの朝は、忙しいので、コーヒーメーカーでいれてしまうのですが、ゆっくり抽出していれたコーヒーは、味わいが全然違います。

コーヒーのいい香りと、抽出してコーヒー粉に浸っていたんだなぁという旨味が感じられます。

時間のある週末には、こうして、おいしいコーヒーをゆっくり味わいたいですね。

おしゃれカフェでコーヒーが飲めなくなっても、こうしておうちでカフェが十分味わえちゃいます!

初期投資は必要ですが、ペーパー以外は一度買えばほぼ一生ものです。ぜひお試しを!

\この記事はいかがでしたか?/

-フード

© 2020 気まま生活 in バンクーバー