カナダ フード

カナダのクラフトビールWhistler Brewing Co.を楽しもう。

自宅で過ごすことの多くなり、おうちで晩酌が増えているんじゃないでしょうか。

リカーストアも大忙しのようで、ビールもものすごい勢いで売れていて、 品薄になってます。

今回は、私のお気に入りのひとつであるクラフトビール、 Whistler Brewing Co.のバラエティパックを買ってきたので、紹介していきます。

ブリティッシュ・コロンビアのクラフトビール

バンクーバーのあるブリティッシュコロンビアでも クラフトビールが大人気です。

それぞれの会社が競って、さまざまなクラフトビールを出してます。

主なクラフトビール会社

  • Steamworks Brewery Company
  • 33 Acres Brewing company
  • Red Truck Brewery
  • Steel & Oak
  • Whistler Brewing Co.
  • Parallel 49

などなど、まだまだたくさんの会社があります。

クラフトビール会社では、おしゃれなレストランを構えているところもあり、そこで自社のクラフトビールとおつまみを提供していて、クラフトビール工場の見学も体験できたりします。

クラフトビール工場に行くと、だいたいは、フライトといって、好きな種類のビールを何種類か少しずつの量を試飲できるサービスも提供しています。

Whistler Brewing Co.

今回紹介するWhistler Brewing Co.は、その名のとおり、ウィスラーで始まったブリューイング会社です。

1989年に始まり、100%BC州にて運営そして、醸造し、クラフトビールを作り続けています。

Tap houseというところで、おしゃれなパブもあり、おつまみと一緒にクラフトビールが楽しめます。ウィスらにー行ったときはぜひ立ち寄ってみたいですね。

バラエティーパックの内容

入っているビールはこちら

  • Mountain Lager
  • Honey Lager
  • Hazy Trail Pale Ale
  • Grapefruit Ale

以上、4種類が、3缶ずつはいって、BCリカーストアで、

21.29カナダドル

1缶、1.77カナダドルとなります。

これに、税金とリサイクリング代がかかりますが、

同じ種類のものを6缶セットで買うこともできますが、この12缶セットで買うと、多少安い価格で買うことができるようです。

バラエティーパックによっては、好きではない味のクラフトビールが入っていたりして、無理して飲むことになる場合もあるのですが、私は、このWhistler Brewingのバラエティパックは、すべて好きな味なので、よく買っています。

スペック

ビールの種類 アルコール数 IBU
Mountain Lager 5% 17
Honey Lager 5% 16
Hazy Trail Pale Ale 5% 35
Grapefruit Ale 5% 14

IBUとは、 苦味の度数ですね。ペールエールは、苦味が強くなります。

それ以外のものは、ほぼ同じですね。

お味

Mountain Lager

ベーシックなラガーです。日本人好みのシンプルなラガーですが、 薄味でなくしっかり味のラガーで飲みやすいです。

Honey Lager

こちらもラガーですが、 色はブラウンです。Mountain Lager よりもっとしっかりした味のラガーです。

Hazy Trail Pale Ale

ペールエールですが、 それほど苦味の強い感じではありません。フルーティーで程よい苦味で飲みやすいです。

私は、あまりPale Aleが得意じゃないのですが、(なぜかというと、苦味が強すぎると鼻につんとくるから。)このPale Aleは、鼻につんときません。

Grapefruit Ale

こちらは、季節もののクラフトビールで、グレープフルーツ味のビールでです。 ジュースっぽいけど、甘くない感じのビールです。

ビールがあまり得意じゃない人にも飲みやすいと思います。

最後に

このWhistler Brewing Co.のバラエティーパックは、ラガーが2種類入っていて、日本人には、オススメです。

やっぱり、日本の料理にはラガーが合いますものね。

ラガー以外のペールエールもグレープフルーツエールもそれほど、強い味ではないので、オススメです。

ぜひお試しあれ!

\この記事はいかがでしたか?/

-カナダ, フード

© 2020 気まま生活 in バンクーバー