手作りマスク

手作り立体マスク、気になる真ん中の隙間をなくす方法

手作りで、立体マスクとプリーツマスクの両方を作った結果、

立体マスクのほうがフィット感がよいということがわかりました。

しかし、気になったのは、真ん中の縫い目です。

もか
マスクの真ん中に縫い目から、スキマがあったら、気になるわ。このスキマどうにかならないのかしら?

そこで、実家の母にその方法を教わりました!ふむふむ、なるほど。

では、紹介していきます。

関連記事
手作りマスク立体とプリーツどっちがいい?難易度とフィット感を比較!

続きを見る

この記事はこんな方におすすめ

  • よりフィット感のある立体マスクが作りたい
  • 真ん中のスキマが気にならないマスクを作りたい
  • 少し手間をかけても、立体マスクでフィット感を実感したい
  • おしゃれなマスクで自慢したい!

真ん中の隙間をなくす縫い方

真ん中を縫い合わせた後、縫うときに真ん中をパッツリと割らない!が正解です。

観音開きにしないことです!それだと、ど真ん中がまさに隙間!

もっと細かく説明すると

step
1
表布を左側に倒して、倒したところを縫う。

下の写真の赤い糸で塗ったところが、たおしてから縫った部分。

step
裏布を右側に倒して、倒したところを縫う。

同じく反対側に倒して、縫う。

写真で見えてる部分が、中合わせになります。

真ん中が交互に倒れるてからあわせるので、真ん中がパッツリと割れません。

右側か左側かは、どちらでもよいですが、とにかく、交互になるようにすることです。

そうすると、真ん中が2重になりさらに強化されます。

なぜそこを縫わないといけないのか?その理由は次!

交互に倒した後、縫わないとダメなの?

はい、倒したところを必ず縫いましょう!

なぜかというと、マスクは使用後毎回洗いますよね?

洗うと、交互に倒していても、中でどうなってるのかは見えないし、交互ではなくなってる可能性も。

もか
なるほど!ゴシゴシ洗っちゃったら、せっかく交互に倒したのに、観音開きになっちゃう可能性もあるものね!

というわけで、交互に縫っておくと、絶対に反対側に倒れ込んだり、観音開きになるようなことはありません。

真ん中に縫い目がない立体マスクがあるって聞いたけど?

色々調べてみると、真ん中に縫い目なしで作る立体マスクもあります。

こういった立体マスクは、型紙が複雑だったり、縫う工程が多くなったりします。

さらに、生地を使う面積は、真ん中を縫って交互に倒すタイプの方が断然少ないです。

記事が貴重となった今、使う面積も最小で使いたいところですね。

できあがり

交互に縫って、できたものがこちら。

真ん中の縫い目がしっかりとスキマをおおってます。

おしゃれでかわいい布を見つけて作れば、自慢のマスクの完成です!

少し手間を加えれば、スキマも気にならない、フィット感バツグンのおしゃれマスク作れちゃいます。

関連記事
手作りマスク立体とプリーツどっちがいい?難易度とフィット感を比較!

続きを見る

手作りマスク初心者でもわかる生地選びダブルガーゼなくてもOK!

続きを見る

\この記事はいかがでしたか?/

-手作りマスク

© 2020 気まま生活 in バンクーバー