ランニング・エクササイズ

ガーミンVivoactive3の便利な機能8選紹介します。

ガーミンのVivoactive3を使い始めて3か月がたちました。以前はFitbitを使っていたのですが、やはりランニングの記録を取るには、機能的に足りないということで、ガーミンVivoactive3に買い換えました。

普段の生活での使用面、ランニングでの使用など、使ってみてよかった、いろいろな便利な機能を紹介していきたいと思います。

ライフログ

  • ステップ数
  • ムーブバー
  • 自動ゴール設定
    (アクティビティレベルを学習して、歩数目標を毎日設定)
  • スリープモニタリング
    (合計睡眠時間、睡眠時の眠りの深さを計測)
  • 消費カロリー(心拍ベース)
  • 上昇階数
  • 移動距離
  • 週間運動量

などなどです。

さまざまなライフログを取ってくれて、自動的に、歩数のゴールを達成すると、時計がバイブして教えてくれたり、ずーっと椅子に座って動いていなかったりすると、バイブがなり、体を動かすように促してくれます。

スリープモニタリングで、自分が毎日どのくらいの時間寝たのかや、深い・浅い・レム睡眠、目覚めた時間を記録してくれます。

時計機能

アラーム

ライフログでの睡眠時間の測定を行うために、時計はつけたまま寝ますね。この時計がバイブレーションで目を覚ましてくれます。

隣に寝ている人を起こさず、音はならずに、腕時計のバイブレーションだけで起こしてくれます。肌についてる部分がバイブするので、気が付かないということはないと思います。

スヌーズボタンもあり、もうちょっと寝たいときは、これを押せば、また10分後に起こしてくれます。

タイマー・ストップウォッチ

ちょっと時間を図りたいときに、タイマーの設定をして、終了時にはバイブで教えてくれる機能も便利です。

時間と日付

ウォッチのフェイスは、Connect IQというアプリから、好きなフェイスに変えることができます。

気分によって、かわいい絵柄や季節の風景、アナログ、デジタル、ライフログの表示など、たくさんの種類のものをアプリからダウンロードできます。

スポーツアクティビティーの記録

これに関しては、ランニングだけではないので、さまざまなスポーツに対応しているのもいいところだと思います。

主な対応スポーツ

  • ランニング
  • ウォーキング
  • バイク
  • 水泳
  • ストレッチ
  • カーディオ
  • トレッドミル
  • エリプティカル
  • ステッパー
  • ゴルフ

なんだか細かいカテゴリに分かれて記録できるようになってます。インドアのアクティビティにも対応。これ以上にもまだまだあります。

私の場合は、ランニングで記録を取ることが多いので、今はそこに触れていきます。

ランニングの記録について

ランニングに特化したガーミンウオッチに比べると、少し劣るところがあるかもしれません。が、Garmin Connectからトレーニングメニューをダウンロードすると、さまざまな方法で、トレーニングをすることもできます。もっと詳しくは、今後また記事にしていきたいと思います。

基本操作はこちら

ランニング中にデフォルトで表示されるのは、

  • 走行時間
  • 距離
  • ペース
  • 心拍数

さらに設定をカスタマイズすると以下の表示も可能。下にスワイプすると表示されます。

  • ラップタイム
  • ラップペース
  • 平均心拍数
  • 心拍数ゾーン

といったように、走っていても、すぐに数字がよく見えます。手袋をしていても画面のタッチ機能が使えて、とても便利です。画面操作はとてもスムーズ!

生理の期間の記録

これが、意外と正確で、きちんと記録すると、次の生理の日を予測してくれて便利です。

Fitbitを使っていた時も、この機能があったのですが、なんだか細かかったのか、いったい次の生理はいつなのか、カレンダーを見ても、なんだかずれているようで、参考になりませんでした。

ガーミンのほうが、シンプルでわかりやすいです。生理だった期間を一応自分で記録しておけば、この先の予測をしてくれるという感じです。

VO2Maxの測定

いわゆるフィットネス年齢みたいなものらしいのですが、最大酸素摂取量を表す数値だそうです。

ウォッチの画面を長押し→My stats→VO2 Maxを押すと、数値が見れます。

プロのマラソン選手は、80越えだそうです。すごいですね。

一般人は、とりあえず、自分の年齢の平均値に入っていれば、健康なんだという認識でOKだと思います。

スマホのメッセージ通知機能

スマホに入ってきた、テキスト(SMS)やLINEメッセージ、電話がかかってきたときに、ウォッチのフェースで内容を通知してくれる機能です。とっても便利です。

バッグにスマホが入って、車の運転中でも、満員電車の中でも、腕で、誰からのメッセージor電話かなと確認出来てとっても便利。

ただ、私のガーミンVivoactive3はカナダで購入したので、日本語のメッセージは文字化けします。残念なことに。でも日本で買うよより1万円ほど安いです。

※文字化けについて

メッセージの内容は、文字化けしますが、誰からのメッセージなのかは、連絡先は英語で入れていて、アルファベットなので、ちゃんと読めます。

とりあえず、誰からのメッセージなのかくらい手元でわかれば、あとは、どっちみちスマホを見て確認するので、この文字化けはそんなに気になりません。

スマホ探し

自分のスマホがどこに行ったか分からなくなる時ありますよね。ガーミンVivoactive3は、自分のスマホとBluetoothでつながっているので、ウォッチから、スマホ探すボタン(電話マークと?のボタン)を押すと、スマホに電話をかけるみたいな形で、呼び出してくれます。そうすると、スマホの位置がわかるというわけですね。

すでに、何度かこの機能を使い、ソファのクッションの下に隠れてたりなど、音で見つけ出せてとても便利でした。

ガーミンペイ

お店で、タップでお支払いをするのと同じで、自分のクレジットカードをガーミンVivoactive3に登録しておくと、お財布を持っていなくても、ウォッチで支払いができてしまうんです。

アップルペイと一緒ですね。

ランニングついでに、お財布がなくてもお買い物もできちゃうんですね。本当に便利な世の中になりました。

メリットデメリット

メリット

  • いろんなスポーツに対応している
  • 画面が大きくて使いやすい
  • 画面が大きいわりに軽い
  • デザインがおしゃれ

デメリット

  • ランニングに特化したウォッチよりは劣る
  • カナダで購入の場合は、日本語対応していない

まとめ

いかがだったでしょうか。

今のところ、とっても使いやすいです。ランニングのワークアウトは、いろいろカスタマイズができて、まだまだ模索中ですが、いろいろ活用できそうです。

私はそんなにランニングのアスリートでもないので、軽い趣味のランナーとしては、十分満足しています。

なにより、ガーミンコネクトで、いろいろなデータが見れるので、楽しいです。

ウォッチフェースもかわいいし、普段つけていてもおしゃれなので、気に入っています。

\この記事はいかがでしたか?/

-ランニング・エクササイズ

© 2020 気まま生活 in バンクーバー