カナダ ランニング・エクササイズ

グラウスマウンテンまでスキーに行ってきました。ゲレンデにたどり着くまでの攻略法。

スキーシーズン真っただ中。バンクーバーから車で30分ほどで行けるスキー場は3つあります。

左からサイプレスマウンテン、グラウスマウンテン、シーモアマウンテン。まさに真ん中を位置するのがグラウスマウンテン。バンクーバーから山を見上げると、スキー場の斜面がよく見えていて、夜になるとライトアップされているスキー場がグラウスマウンテンです。

今シーズン初めて行ったのですが、週末の一番混んでいる日に行ってきました。ゲレンデにたどり着くまでにいろいろとつまづきがありました。車を停めてから、ゲレンデまで約1時間半は掛かったと思います。これから行かれる皆さんにもそんな不便がないように、どんな様子だったかお話ししたいと思います。

行き方は?

車の場合

グラウスマウンテンは、車で行くと、ハイウェイに乗って、14番出口を降りて、10分ほどで、ゴンドラ(Skyride)乗り場につきます。

駐車場は、ゴンドラ乗り場のすぐそばに止める場合は、1日$10かかります。一部分はドロップオフゾーンとなっているため、朝一番に行かないとすぐにいっぱいになってしまいます。
これより少し手前にある右側の駐車場もあり、奥深く駐車場が続いているので、Skyrideのそばの駐車場が満車の場合、もしくは満車が予想される場合は、そちらには行かず、すぐに右側の駐車場に止めることをお勧めします。中に入っている間に、どんどん他の車に抜かされて行きますからね。こちらに停める場合は、一日$4です。少し歩くことになります。9時過ぎの到着で、ここの駐車場の結構奥に停めることになりました。

公共機関の場合

公共機関では、シーバスでノースバンクーバーまで行き、そのあと236番のバスに乗り換えると、終点がゴンドラ(skyride)乗り場となります。

車がなくても公共機関だけで行けてしまうところは、とっても良いところですね。私が初めてバンクーバーに来て、スキーをしたのもこのスキー場でした。

スノボーだったら、ブーツを履いてスノボーをもって、バスとシーバスに乗って、滑りに行っている人を見かけます。日本だったら信じられない光景ですが、本当にいるんです!こういう自由な感じのバンクーバーが私は好きです。

Skyride乗り場

乗り場につくと、ここでまた長蛇の列。
スタッフの人が誘導してくれますが、チケットを持ってない場合は、列に並ぶ前に買っておく必要があります。スマホでオンラインで購入できる場合は、列に並びながら、チケットを購入しましょう。それで十分間に合います。スマホで買えない場合は、別のチケット売り場へと行く必要があります。

特別なチケット (シーズンパスや3日券、G4/5用のSnowpassを持っている場合) を購入の場合は、ゲストサービスまで行く必要があります。オンラインで前もって購入している場合も、初めての場合は、こちらへ行って、写真を撮ったりパスを受け取る必要があるようです。

ちなみに、私の場合は、スタッフが誘導してくれたのですが、買うチケットの場所が違い、たらい回されて、さらにSkyrideの長い列に並びなおされ、ものすごい時間がかかりました。

1日券を購入する場合はSkyrideがある方の階段を上ったところでの購入になります。
特別なチケットは、スタバがる方の建物のトイレの左側にあるゲストサービスとなります。

ゲストサービスでも長い列があるため、時間がある方は行く当日より前に、パスだけでもここで、受け取りに来ることをお勧めします。

チケットはおいくら?

今回はスキーをしてきたお話をしたいので、リフト券のみについてです。

1日券
9時~10時
ナイター
4時~10時
3日券プラス
大人(19-64歳) $72 $52 $175
シニア(65歳以上) $52 $42 $125
中人(13-18歳) $52 $42 $125
小人(5-12歳) $27 $25 $69
幼児(4歳以下)無料無料無料

3日券については、リフト券3回分が含まれており、さらに4回目以降滑る場合は、通常リフト券を20%オフで購入できるというものです。滑る日にちは、連続でなくても、別々の日に滑ることができます。

これ以外にもシーズンパスもあります。シーズンパスは、さらにお得な特典もついてくるようで、詳しくはこちらご参照ください。姉妹リゾートのリフト券3日分、カフェテリア、レストランの10%割引、ゴンドラ乗り場のスタバも20%割引、板のワックス無料券、チューニング割引、レッスン&レンタル割引、夏のSkyride1回無料券など、他にもまだまだたくさんの特典があり、お得に楽しめそうです。

Y2PlayPass Price
Adult(19-64) 399.00
Senior(65+) 169.00
Student 299.00
Youth(13-18) 259.00
Child(5-12) 89.00
Tot(0-4) 35.00
Family of 3(2 Adults, 1 Youth under 19) 949.00
Family of 4(2 Adults, 2 Children under 19) 949.00

Skyrideゴンドラはどんな感じ?

いったい何人乗れるのかわかりませんが、30人以上はいたと思います。前と後ろにベンチがありますが、座れるのは10人程度。
Skyrideにはスキーやスノボーを持って乗る人もいれば、観光目的で、上まで行って景色などを楽しむ人もいます。もちろん、レストランだけに行く人もいるでしょう。あとは、スノーシューイングをする人もいました。朝一番の時点でしたが、半分は観光という感じでした。

天気が晴れていれば、最高の景色を眺められます。こればっかりは、運ですね。

滑り心地は?

グラウスマウンテンに来る人たちは、初心者が多い印象です。初心者にもやさしい、とっても緩やかな斜面もあり、マジックカーペット(動く歩道のちょっと傾斜があるもの)や、とってもゆっくり動く短めのリフトで、緩やかな斜面で練習できるところもあり、初めて滑る人にはよい練習場所があります。

The CUT(初心者用)

このスキー場の一番メインの滑走路がTHE CUTと呼ばれるところ。ここから、バンクーバーの絶景が滑りながら見ることができます。バンクーバー側から見える滑走路は、まさにここですね。THE CUTは、初心者コースなので、リフトに乗れるレベルになれば、とってもよい練習コースとなります。幅も広いので、他の人とぶつかりそうになることは少ないです。THE CUTのリフトは4人乗り高速リフトで、Screaming Eagle Chairとなります。確かに高速ではありますが、リフトに並ぶ列がとっても長いです。週末で15分以上並んでいると思います。

Olympic Express Chair(中級者用)

もう一つの高速4人乗りリフトは、Olympic Express Chairです。こちらのリフト利用の場合は、中級者コースのブルーラインがメインとなります。少し斜面がきつくなり、その日によりますが、途中ガリガリの場所が結構あり、初心者には向いていないと思います。その代わり、リフトの待ち時間は週末でしたが、0分です。日本のスキー場だったら、リフト待ちなしなんて夢のようですね。初心者を脱出できて、中級の域に入れたら、ここは穴場です。

中級以上の上手な方々は、たいがいサイプレスに行くと思うので、中級で練習するには、とってもすいているので、お勧めです。

食事するところはどんな感じ?

気軽に食事をするには、カフェテリアLUPINSにて、バーガーやサンドイッチ、ピザ、Grouse Grindコーヒーバーでカフェメニューなどが注文できます。

ランチのラッシュ12時ころに行くと劇込みです。食べ物を買えても、席を探すのに一苦労。とにかく、早く到着して、ランチも早い時間に済ませるのが、鉄則ですね。早起きは3文の得!

このほかにもカジュアルダイニングのALTITUDES BISTROや、さらに高級レストランTHE OBSERVATORYもあります。

メリット・デメリットのまとめ

メリット

  • Skyrideがあるので、駐車する場所までの雪の心配がない
  • 公共機関でも来れる
  • チケット代は割と安め(サイプレスと比べて)
  • トイレがきれい(すべて自動で、便座にひくペーパーもついてました。)
  • 初心者に優しい
  • 中級用のリフトがすいている

デメリット

  • Skyrideに乗らないとゲレンデまで行けない
  • Skyrideに行きも帰りも並ぶ必要がある
  • 観光客も多く、ごちゃごちゃしてる
  • ランチを食べるところのテーブル席が少ない
  • 初心者向けの長いコースが少ない
  • チケット売り場が分かりにくい
  • 駐車台にお金がかかる

と、以上になります。
メリット・デメリットはどこに行ってもいろいろありますが、参考にしていただけると幸いです。

\この記事はいかがでしたか?/

-カナダ, ランニング・エクササイズ
-

© 2020 気まま生活 in バンクーバー