カナダ 子育て

ハーシェルサプライ、バンクーバーで大人気のリュック5選。大人から子供までみんな使ってます。

リュックサックは大人になってから、あまり持ってないなぁ。物が中で、ぐちゃぐちゃになって、整理しにくいし、大人がリュックなんて、おしゃれじゃない。などと思ってませんか?

バンクーバーでは、子供から大人まで、サラリーマン(みたいな人たち)もみなリュックサックで仕事に行くし、小学生はランドセルはないのでもちろん、中高生も大学生も、みなリュックサックで通っています。

バンクーバーで回りを見回していると、半数近くの人々がハーシェルサプライを使ってるではありませんか。

というわけで、おすすめの3選を紹介していきたいと思います。

ハーシェルサプライはバンクーバー発!

そうなんです。

ハーシェルサプライは、ジェイミーとリンドン・コーマック兄弟により2009年に設立され、 彼らが育った小さな町の名前からHerschelという名前が付けられたそうです。カナダのバンクーバーに拠点を置いており、高品質で、ディテールにこだわった商品を作り続けているそうです。

日本はもちろん、ヨーロッパ・アジア・オセアニアとグローバルに展開しているんですね。今回調べてみて初めて知りました。

ハーシェルサプライが一番力を入れている商品は、リュックサック。リュックサックは両手が開いて、動きやすいし、荷物を両側の肩にかけてもつことで、体のバランスにもいいですね。ハーシェルサプライのリュックなら丈夫で、中も内ポケットが充実していて使いやすいんです。

今回はリュックサックにしぼって、商品の紹介をしていきたいと思います。

おすすめのリュック5選

リトルアメリカ

内ポケット数
外ポケット
サイドポケットなし
容量25L
ノートパソコンの入るサイズ15インチ

おそらくハーシェルの中で、一番人気なのではないでしょうか?
男性にも女性にも大容量の荷物が入ります。中には15インチのノートパソコンを入れられます。内ポケットの周りにもクッションが入っているので、大事なパソコンを守ってくれます。リュックの底にもクッションがあり、床に置いたりしても、中なものが傷ついたりせず、安心です。

ハーシェルサプライのウェブサイトによると、このリトルアメリカは66種類ものデザインがあります。とっても豊富ですね。どれにしようか、迷っちゃう。

リトルアメリカ ミッドボリューム

内ポケット数
外ポケット
サイドポケットなし
容量17L
ノートパソコンの入るサイズ13インチ

リトルアメリカのワンサイズ小さいものです。つくりは、リトルアメリカと同じで、それでも13インチのノートパソコンが入ります。女性には、このくらいのサイズがちょうどいいかもしれませんね。

ノバ バックパックミニ

内ポケット
外ポケット
サイドポケットなし
容量9L
ノートパソコンの入るサイズ9インチiPad

これは、私が旅行のために購入たのですが、とっーても便利でした。私が買ったのは、ノバミニのライトウェイトというもので、軽いんです。コンパクトなのに、意外と物がいっぱい入り、9インチのiPadまで入っちゃうんです。

何が便利って、リュックのトップについているダブル持ち手です!!!

リュックで持ち手がトートバックのように2つついてるので、肩から外した時でも、腕に通してトートバックのように使うこともできちゃうんです。物を出すときにも出しやすいし。

このノバミニのライトウエイト版は、今はハーシェルのオンラインサイトには、出てきません。普通のもっとしっかりしたノバミニか、コーデュロイ素材のがあるようです。あとは、もう少し荷物が多い人ように、ノバのスモールかミッドボリュームもダブル持ち手でおすすめです。

セトルメント バックパック

内ポケット
外ポケット
サイドポケット
容量23L
ノートパソコンの入るサイズ15インチ

こちらは、とてもシンプルなつくりのリュックです。Simple is Bestですね。15インチのノートパソコンが入るので、結構大容量です。

これも、リトルアメリカと同じくらい街で見かけるリュックです。

ヘリテイジバックパック XL

内ポケット
外ポケット
サイドポケット
容量22L
ノートパソコンの入るサイズ13インチ

小学生の学校用にはこれ!水筒がサイドポケットに入れられるので、とても便利。

中にも大きな内ポケットがあるので、ここに本や紙を入れられるし、ランチバッグも一緒に入ります。とにかく丈夫なので、激しく使う子供でも、全然くたびれません。

本当にしっかりとした生地を使っているので、リュックを置くときに、へにゃっとしたりしないで、ピンっと立ってます。

最後に

ハーシェルサプライのリュックは、洗練されたデザインで、色や柄もたくさんあるので、どれにしようか迷ってしまいますね。これだけ種類も豊富なので、意外と同じものを持ってる人に合わないんです!

リュックには、リフレクターやバッジなどつけて、いくらでもかわいく、かっこよくアレンジできてしまいますね。

日本では大人の女性がリュックというのは、なかなか恥ずかしいかもしれませんが、ママさんだったら、ハーシェルのリュックおすすめです!

普段の通勤通学はもちろん、旅行に行くならミニリュックを絶対おすすめします!

\この記事はいかがでしたか?/

-カナダ, 子育て

© 2020 気まま生活 in バンクーバー