カナダ 子育て

ピンクシャツデイ!カナダのPink shirts Dayって何?

カナダの小学校では、毎年2月の終わりにピンクシャツデイというイベントがあります。2020年は2月26日に行われました。

学校や職場、いろんなコミュニティで、いじめ撲滅をサポートしてますという意味をこめて、みながピンクシャツを着てくる日です。

ピンクシャツデイって何?

もう少し詳しく説明すると、ピンクシャツデイは、学校だけでなく、職場やお店の店員さんたちもいじめ撲滅キャンペーンの日として、ピンクのシャツや何かピンクのものを身につけて、みなでいじめをなくすSTOP BULLYINGのサポートをします。

はじまりは、カナダの12年生(高校3年生)の男の子2人が、始業式の日にピンクシャツを着てきた9年生(中学3年生)の男の子がいじめられるのをみて、どうにかしようと。そこで考えたのが、ピンクのシャツをたくさん買ってきて、他の生徒たちに配り、学校に来てくるようにと呼びかけたんだそう。その週の終わりには、学校中のみんながピンクシャツを着て、いじめをなくすのサポートをしていたんだそうです。

なんかもう、涙が出てきてしまいますよね。

今日はアッセンブリーといって、学校全体の集会があり見に行ってきたので、どんな様子だったかお話ししたいと思います。

通りがかりの警察の車にもピンクのサインが

学校での集会のようす

カナダの小学校の集会、アッセンブリーの司会進行は一番上の学年の子たちがやり、子供たちのスピーチがあり、ビデオを見たり飽きさせない工夫があるというか。先生が長々と話すなどは全くありません。

  • カナダの国歌斉唱
  • 先住民の歌を歌う
  • 上級生代表2人の生徒のスピーチ
  • 中学年のクラスのスピーチ Kindness is....
  • 低学年のクラスの合唱(最近流行ってるラジオでも流れてる曲)
  • Youtubeのビデを見る(Science of Kindness, A better world, Be Kind)

学校でYoutubeを集会で見るなんて、ハイテクな世の中になりましたね。先生もタブレットで、ササっと操作して、不具合なくとてもスムーズでした。

私が小学生だったときの朝会は、みな立たされて、延々と教頭先生のつまらない話を聞かされ、しまいには、貧血で倒れる子がいたり。なんだかスパルタでした。いったいなんの意味があったのだろうか。と思ってしまいますね。

最後に

ピンクシャツデイ。みんなが優しくなれる日。いじめについてみんなで考える日。そんな日があって、とってもいいイベントだと思いました。

こうして、みんなが助け合い、励ましあい、分け合い、サポートし、感謝し、与えあうことを考えることで、みなが優しくなれるって本当にいいですね。

みんなでピンクのシャツを着るっていう発想もざんしんですね。

今日はほっこりする1日でした。

\この記事はいかがでしたか?/

-カナダ, 子育て

© 2020 気まま生活 in バンクーバー