カナダ

カナダBC州にあるキャンプ場の予約方法!カナダの大自然を満喫しよ!

カナダBC州には数多くのキャンプ場があり、いろんなタイプのキャンプサイトがあります。

予約すると言っても、行ったことなかったら、どうやって予約してキャンプするのかわかりませんよね。

もか
私も最初は全然分からなくて、キャンプ経験の多い友達にいろいろ教わったの。

キャンプ場によっては、サイトに電源がついていたり、シャワーがあったりする便利なところもあります

そういう場所は、予約の競争率がものすごく高く、朝7時の00秒にクリックで、取れなかったということは、よくあること。

人気のコンサートチケットの予約と似てますね。

では、BC州のキャンプ場の種類やの予約方法を紹介していきます。

カナダBC州のキャンプ場ってどんな感じ?

BC州には、たくさんのキャンプ場があり、BC Parksの予約サイトから見ると、たくさんのキャンプ場が出てきます。

その中で、私がいつも利用するキャンプ場を紹介していきます。

アリスレイクといって、バンクーバーから1時間ちょっと行ったところにあります。

スコーミッシュを過ぎて、ちょっと行ったところにある、アリスレイクという水遊びもできる湖のすぐそばに、キャンプ場があります。

そこには、駐車場付きのキャンプサイトが96箇所。ウォークインと言って、駐車場は別のキャンプサイトが12箇所あります。

ここにサイトの番号が割り振られており、予約するときに、この番号が重要になります。

このアリスレイクキャンプ場は、水洗トイレはもちろん、シャワーに電源プラグと、設備が整ってます

スコーミッシュという街から車で5分なので、いざとなったら、食料調達はいつでも行けます

と、大変便利なので、大人気のキャンプサイトとなっており、予約を取る競争率はかなり高いです。

ここ以外にも、バンクーバー近郊だと、Golden Ears Parkというところもかなり大きなキャンプサイともあります。

もちろん、今あげた二つ以外にも、もっとたくさんのキャンプ場がBC州にはあります。

実際のキャンプサイト

森の中にあって、キャンプサイトの部分だけ、平らに整地されてます。周りは高い木に囲まれていて、とーっても静か

もか
最初、キャンプって聞いた時、日の当たるところにずーっといたら、めっちゃ日に焼けちゃう〜。

なんて、思ってたんですが、実際行ってみたら、びっくり。

キャンプサイト、丸ごと日陰じゃん!木に囲まれてて素敵!

むしろ、寒いくらいです。夏だけど、ダウンジャケットあるといいです。

キャンプ場の種類

キャンプ場を予約するにも、なんだかいろいろな種類があります。

キャンプ場の種類は、ざっくり4種類あります。

スタンダードサイト 2家族まで入れるキャンプサイト(駐車場あり)
ダブルサイト 4家族まで入れるキャンプサイト(駐車場あり)
ウォークインサイト 1家族で泊まるキャンプサイト(駐車場は別)
グループキャンプ パーティーサイズのキャンプサイト(駐車場あり)

グループキャンプは、最低大人15人と子供12人が滞在する場合でないと、予約できません。

私が今から説明していくのが、スタンダードなキャンピングとなります。

キャンプ場の主なルール

キャンプサイトの詳しい情報は、こちらから見れます。全部英語。

予約や、ルールなどいろいろな説明が書かれています。

主なルールを説明すると、

  • 予約は、4ヶ月前から開始される。(コロナの状況で、今は2ヶ月前から)
  • チェックインは午後1時から。チェックアウトは、朝11時。
  • キャンプ場の料金説明
  • ダブルサイトとは2家族分のサイトを、一緒に2セット予約ができるところ。4家族まで入れます。
  • 連休中の最低宿泊日数は3泊
  • 最大拍数は14日。場所によっては、7日。
  • 遅れて到着や、来なかった場合は、キャンセル扱いとなる。
  • キャンセルや変更について(変更するには6ドルの手数料がかかる)

キャンプ場予約方法

まず、選ぶべきものは、場所と日程

特に、日程が決まらないと、予約するタイミングもわかりませんので。

基本的には、予約ができるのは、滞在する日の4ヶ月前の朝7時が開始時間です。

と、今までは4ヶ月前から予約できたのですが、コロナウィルスの影響で、一旦予約が停止していて、その後、2ヶ月先までの予約ができるようになりました。

例えば、滞在したいのが、8月1日ならば、今なら2ヶ月前7月1日の朝7時からが予約開始となります。

予約サイトからの予約手順

  1. まずは、BC  Parksのキャンプ場予約サイトBC  Parksのキャンプ場予約サイトへ行きます。
  2. あらかじめ、アカウントを作っておき、ログインしておく。クレジットカードも手元に。(予約画面に入ってから、もたもたしていると、すぐにスポットがなくなってしまうため。)
  3. パークの名前・日にち・泊まる日数を入れて、Searchをクリック。
  4. 次のページでは、予約ができるところは緑色になっています。この緑をクリック。
  5. 朝7時直前の時は、緑のボックスに斜線が入っているので、7時と同時に、キャンプサイトの番号ボタンをとにかく押します。
  6. すると、予約の画面が出てきます。Reserveをクリック!
  7. あとは、情報を入れて、クレジットカードで、支払いをすれば、予約完了。後で、メールが送られてきます。

混み合う週末のスポットを予約する朝の7時00分01秒には、あっという間に全て埋まります。

キャンプ場の1泊あたりの値段

そのキャンプ場によって値段が変わります。

キャンプ場によって、水洗トイレがあるかないか、シャワーがあるかないか、電源が使えるかどうか。

設備が異なるため、値段が違います。

一番安いキャンプ場で、ひと家族(テント)あたり6カナダドルで、最大が18カナダドルとなっています。

キャンプ場の設備

それぞれのパークのウェブサイトから確認することができます。

サイトに行って→確認したいところは、トイレ、水、シャワー、電源、キャンプファイヤーあたりでしょうか。

こちらのサイトから、調べたいパークを選択して、少し下にスクロールすると、Facility  Available at Parkという項目があるのでそれをクリック。

するとそのパークで使用可能な設備の情報がのっています。

もしくは、キャンプ場予約サイトのページから、Park Infoを選択してから、Facility Available at Parkへいくこともできます。

実際にキャンプをする時の流れ

  1. 初日はランチを済ませてから、午後1時くらいには到着する
  2. ついたら、まずは湖や散歩などしたりくつろぐ。
  3. 夜ご飯の前に、テントをはる
  4. 夜ご飯を食べ寝る
  5. 翌日朝ごはん→遊ぶ→ランチ→遊ぶ→夜ご飯→寝る
  6. 滞在日数により、⑤を繰り返す。
  7. 最終日の朝ごはんを食べ終わったら、テントなど全て片付ける
  8. 11時にはチェックアウトして終了

とにかく、テレビ・スマホ・タブレット全てのスクリーンから解放され、自然を楽しみながら、優雅な時間を過ごします。

必要なキャンプ用品

必須となるもの

  • テント
  • 寝袋
  • 食べ物
  • コンロ
  • 調理道具
  • 食材
  • ランプ

あったらいいもの

  • 寝袋の下に引くマット
  • ハンモック
  • 水遊びの道具(ボート・カヤックなど)
テントは欠かせないですね。
コンロも必需品!

最後に

キャンプをするとなると、予約をするのが第一歩で、それだけでも大変なのです。

そしてその後、いろいろと準備や片付けも結構大変です。

でも、それをしてまででも楽しいことがたくさんあるんです。

子供にとっては、自然を満喫する大チャンス。大喜びです。

特にお母さんは一番大変だけど、キャンプをすることで、昔はこうやって生活して大変だったんだなぁとか、現実から遠ざかって、まったく違う自然体験ができるところが醍醐味です。

スクリーンから解放されて、自然と触れ合い、優雅に過ぎる時間をゆっくり味わう。

暗くなったら寝る、明るくなったら起きる。人間の原点に戻れる体験をして、リフレッシュできます。

\この記事はいかがでしたか?/

-カナダ

© 2020 気まま生活 in バンクーバー