ホットクック 海外

ホットクックを海外で。鶏肉のモロッコ風スープ作ってみた

海外でも大いに活用できるホットクック。

今日は、昔に見たあさイチで紹介していたモロッコスープをホットクックを使って作りました。

材料は、海外在住でもお近くのスーパーですべて手に入るものでできてしまいます。

 ホットクックはこんな方にオススメ

 

★ 育児をしていて忙しい
★ 仕事をしていて帰ってくる時間が夕方
★ 少しでも子供と一緒に時間を過ごしたい
★ 料理の時間を時短したい

 

材料

  • 鶏もも肉 1cm角(1枚)
  • 塩(少々)
  • 小麦粉(適量)
  • 玉ねぎ みじん切り(1/2個)
  • 葉付きセロリ みじん切り(1/2本)
  • みじん切りパセリ(カップ1/2)
  • トマトの水煮缶(400g)・・缶詰
  • 水(800ml)
  • カッペリーニ(20g)

合わせ調味料

  • すりおろし生姜(小さじ1)
  • 塩(小さじ1)
  • 黒胡椒(小さじ1/4)
  • カレー粉(小さじ1/2)
  • シナモンスティック(1本)
  • ひよこ豆の水煮缶(400g)

手順

  1. 鶏もも肉は1cm角に切り、全体に塩をふり、小麦粉をまぶします。
  2. 1.の鶏もも肉・玉ねぎ・セロリ・トマトの水煮・水半量の400ml・パセリ半量(1/4カップ)・合わせ調味料すべてを鍋に入れる。
  3. ホットクックの自動メニュー9または、1−2でスタート。
  4. カッペリーニを約3cm長さに折って加えて、3分追加調理。
  5. 少し温めた残りの水400mlに小麦粉(大さじ2)をダマにならないように溶かして、鍋に加えて、3分追加調理。
  6. 味をみて分量外の塩(適量)で味を調えます。残りのパセリを散らして完成です。

なぜ、ホットクックがオススメなの?

毎日、主婦は忙しいんです。

主婦でも働いているとか働いていないとか、関係なしに、働いていなくたって、旦那さまの稼いでいるお金は、私たちの働きの助けになってのもの。

ホットクックが料理をしてくれている時間は、自分のため使うことができるんです。

その私たちの貴重な時間をホットクックという道具を買うことで、時間が買えるんです。

1時間の時給が1000円だとして、毎日ホットクックが私の1時間の代わりになってくれると思ったら、その4万円は40時間くらいで元が取れます。たったの40日ほど。

ホットクックを買うことは、私たちの時間への投資です。

私は、そう思って、このホットクックをわざわざ日本から持ってきて、ほぼ毎日フル回転で使ってます。もう使いはじめて、10ヶ月もたつので、十分に元はとれました!

すみません、つい、熱く語ってしまいましたが、これが私がホットクックをオススメする熱意です。

次は、肝心のできあがりをおみせします!

できあがり

カッペリーニもいい具合に柔らかくなって、小麦粉入りの水を投入したら、とろみがついて、おいしいスープができました!

カレーに、シナモンやパセリも入って、エスニックな食欲をそそるお味に仕上がってます。

ホームベーカリーで作ったフランスパンと一緒に食べるとさらにグッド!

\この記事はいかがでしたか?/

-ホットクック, 海外

© 2020 気まま生活 in バンクーバー