手作りマスク

手作りマスク、立体とプリーツよりも縫わないマスクが1番簡単!30秒で完成。

手作りマスクで、立体マスクとプリーツマスクを両方とも作って、使用しはじめて、2週間ほど経ちました。

使ってみて、どちらがいいかさらに検証したところ、縫わないマスクが一番簡単だということに気づきました。

今回は、縫わないマスクの紹介です!30秒でできちゃいます。

立体とプリーツマスクの比較

まずは、もう一度、立体とプリーツの比較をします。

どっちが作るのが簡単かというと、プリーツです。

型紙はなしで、長方形に布を切るだけ。そして、プリーツをアイロンでと書いてありますが、必要ありません。

手で折り目をつけて、両端を縫えればオッケ!

なぜかというと、結局、手作りマスクは、使い終わったら手で洗います。そのたびにアイロンはかけませんよね。

手で、パンパンと折り目をつけて干すだけ。

ということで、立体マスクは型紙を取るのが面倒なので、プリーツマスクの方が簡単に作れるという結果になりました。

やっぱり、真ん中に縫い目があるって、スキマが気になるし。

縫わないマスクの作り方

動画を見てください。みた方が早いですね。

用意するもの

正方形のハンカチ50cmX50cm。輪っかのゴム2つ。

使用しているのは、以前ダイソーで買った、プーさんのランチクロスと丸ゴム細です。

布の代用:使っていない枕ケースやシーツなど。

ゴムの代用:使わなくなった靴下の足首のあたりを1cm切ったもの。ヘアゴム。Tシャツを細く切って結ぶ。

手順

  1. 真ん中に向かって、半分ずつにおる
  2. 裏に返す
  3. さらに、それをまた真ん中に向かって半分ずつにおる
  4. 両端を顔の大きさに合わせておる。
  5. ゴムを通す。完成!

縫うマスクのメリットデメリット

メリット

  • 本物のマスクの形と一緒なので、見た目がキレイ。
  • かわいい布を使うとおしゃれ

デメリット

  • 洗いにくい
  • 洗ったあと、乾きにくい

縫わないマスクのメリットデメリット

メリット

  • 洗いやすい
  • 洗濯機でも洗える
  • すぐ乾く
  • いろんなハンカチや布を使える
  • 大きさが調整できる

デメリット

  • 見た目が、完璧なマスクではない

まとめ

手作りマスクといっても、使って帰ってきたら、洗わないとなりません。

そう思うと、簡易的に1枚の布でできるマスクが一番便利だと気づきました。

特に、今カナダでは、布を売っているようなお店はあいておりません。

あいてるのは、スーパー・酒屋・自転車屋さんくらいです。

家にある余った布・ハンカチでいくらでも代用ができるので、とっても便利!

帰ってきたら、洗濯機で洗っちゃえます。

マスクは売っていないし、かわいい布も手に入らないので、もう見た目なんて気にしてられませんね。

どうしても、スーパーなどで買い物をしないといけない時は、ぜひ縫わないマスクででかけましょ!

でも基本は、おうちで過ごそう& Stay home!

\この記事はいかがでしたか?/

-手作りマスク

© 2020 気まま生活 in バンクーバー