過去記事

ホールフーズで花粉症対策ハーバルメディカルKi氣Hayfever Control Fomula

花粉症の季節がやってきました。

カナダでも花粉とんでいるんです。カナダには、木がたくさんあるので、そりゃあとんでますね。

私は、日本にいたとき、スギ花粉症でした。カナダに来てからは、それから解放されたものの、在住10年となると、カナダにある花粉からの影響をうけ、じょじょに症状が出てきて、年々とひどくなってきてます。

そこで、最近、ホールフーズで見つけた自然薬品の花粉症を抑える薬をを見つけたので、今日は、それを紹介ていきます。

Ki(氣)とはどんな商品?

オーストラリアにあるMartin&Pleasanceという会社が作っており、3種類の自然薬品をだしています。

  • Cold & Flu Attack Formula
  • Immune Defence & Energy Formula
  • Hayfever Control formula

すべて、自然薬品のみで作られているため、ホールフーズでも販売可能な商品なのですね。

今回紹介するのは、3つ目のHayfever Control Formulaで、花粉症にきく商品です。

どんな成分が入ってるの?

成分 日本語 説明
Rihna-mp® Rihna-mp®   臨床試験により花粉症の
症状を抑える効果があると
実証されているレンゲの成分。
Astragalus レンゲ 漢方薬でもよくはいって
いるレンゲ。さらに追加され
てい入っている。免疫機能
を高める効果がある
Fresh Ginger しょうが 粘液をへらし、鼻のとおり
をよくする
Magnolia マグノリア 花粉症の症状をおさえ、
頭痛や鼻水・鼻づまりを
とめる効果がある
Quercetin ケルセチン 抗ヒスタミンの作用の
ある自然薬品で、
呼吸機能を楽にさせる

効用は?

パッケージには、こう書いてあります。

  • 抗ヒスタミン剤の作用& 免疫サポート
  • アレルギーと花粉症の症状を和らげるマルチハーブ処方
  • くしゃみとかゆみ、鼻水に効く

これらが自然薬品で得られるなら、体には負担がなくて、うれしいです。

飲み方

大人12歳以上 1日につき
予防期間(花粉シーズンの4週間前から) 1つ
花粉シーズ中 最大2つ

お水かジュースといっしょに飲む。

食前に飲むか、食時の1時間後に服用。

効き目が出るまでに、1・2週間ほどかかるので、花粉シーズンに入ってしまってから、飲みだした場合は、市販薬の花粉症のお薬と一緒に併用しても構わないとのことです。

実際飲んでみた感想

ひと粒がけっこう大きいので、思いきってゴックンとと飲む感じです。

味は特になし。

初めて飲んだ時、鼻がずるずるとしていたのですが、飲んだ直後に鼻水が引きました。

飲んだ後、副作用のようなものはまったくありません。花粉症用の市販薬を飲むと、鼻や口の中が乾いてしまって、不愉快感な症状がありますが、自然薬品なので、そういった症状がでないのは、いいです。

1・2週間飲んでみないとわからないとのことなので、花粉シーズンに入る前、1月か2月くらいには飲み始めたほうがよいようです。

来年は、もっと前もって飲み始めようと思います。

とりあえず、今は症状がひどい場合は、市販薬も併用で飲んでよいとのことなので、ひどい時は、両方飲んで、落ち着いたらKi(氣)だけ飲み続けることにしました。

最後に

カナダでは、花粉症用に市販薬で、ClartinやReacrineなど販売されています。確かにこれを飲むと、症状が治まりますが、鼻やのどを乾燥させるので、不愉快な感じはどうしてもしのげません。

ひどい時は、こういった市販薬も服用したほうがよいと思いますが、できるだけ自然薬品で治していけたらいいですね。

医薬品以外でも花粉症対策ができるものが他にもあるので、また次回紹介していきたいと思います。

\この記事はいかがでしたか?/

-過去記事

© 2020 気まま生活 in バンクーバー