過去記事

ホールフーズのコロナ対応入店待ち時間約15分

コロナウイルスの拡大が広がる中で、スーパーマーケットの事情もどんどんと変わってきました。

状況が深刻化し始めて、約1か月ほど経ちました。

今現状では、どのような対応が行われているのか、ホールフーズに関して調べてみたので、お知らせしていきます。

お店の営業時間短縮

開店 閉店
今までの営業時間 8時 10時
コロナ対応営業時間 9時(いつもより1時間繰り下げ) 8時
コロナ対応営業時間(60歳以上の方のみ) 8時(通常営業の1時間前から入場可能) 8時

大型店舗など店舗によって営業時間は異なりますので、店舗の営業時間は各店舗のサイトをご確認ください。

60歳以上の方のみ、通常営業時間の1時間前に入店が可能となっています。

閉店は、いつもより2時間ほど早くなっており、この間に棚を並べたり、デリバリーの対応に時間を費やしているそうです。

入場制限

店舗の大きさによって異なると思いますが、私がいつも行く店舗では、店内に50人までしか入れないように、入場制限を行っています。

そのため、お店の入り口に入場待ちの列が常にできています。

その時の時間によって列の状況も変わりますが、だいたい10から15分くらい待つ感じとなっています。

運がよければ、列がない時もあります。

朝一番は、いつも並んでいて、週末はやはり混む傾向にあるようです。

並ぶ列にも2メートル間隔で、黄色の線がひかれていて、前の人が進むたびに、ひとマスずつ進んでいくという感じです。

店内でのコロナ対応

  • 店内を常に衛生に保つために、レジかごやカートは毎回消毒の布で拭いていたり、店内も消毒で拭く専門のスタッフを置いています。
  • 店内でソーシャルディスタンスを心掛けている
  • 閉店時間を2時間繰り下げて、棚だしや店内の衛生対応に時間を使っている。
  • ホットバー・サラダバー・ピザのセルフサーブを中止
  • シートエリアを閉鎖
  • コーヒーバー・ジュースバーでの自分のカップの持ち込みを禁止
  • レジでは、プラスチックのガラスを立てて、お客さんとスタッフが接触しないように対応。
  • 卵やミルクなど、需要が多い商品に対して、一人2個までなどの購入制限を行っている
  • 衛生面に対応して、リターンポリシーを一時的に変更しており、全ての商品はファイナルセール(返品不可)となっています。(商品の品質に問題がある場合は除く。)

ポイント

セルフサービスの販売を中止していますが、カウンター越しに注文できるものは買うことが可能。

サンドイッチやブリトーは通常どおり購入可能。ピザは時間帯を限定して販売しているようです。

デリバリー&ストアピックアップ

これはアメリカの限定された一部の地域のみのサービスです。

Amazonプライムメンバーへのサービスで、無料で2時間デリバリーや1時間でお店でピックアップを行っています。

このサービスもAmazonとのパートナーシップの関係で、業務拡大を行っているそうです。

カナダ在住の私にとっては、うらやましいサービスです。早くカナダでも開始してほしい!!!

まとめ

1か月前と比べると、さらにいろいろな対応が加わってますね。

スーパーに買いに行く側としても大変な思いをしていますが、スーパーで働いているスタッフの方も危険の身をさらして働いているので、

いろいろな取り組みを行って、みなが安全で健康を維持することに心掛けなければなりませんね。

みなが協力して、こういった対応で、これからも感染者が増えずに、状況が改善に向かっていくことを祈るばかりです。

\この記事はいかがでしたか?/

-過去記事

© 2020 気まま生活 in バンクーバー