手作りマスク

西村大臣風の立体マスク作ってみました!型紙なしで簡単!

立体マスク、プリーツマスクに加えて、新たなる立体マスクが出てきました。

西村大臣がつけていたマスクが話題になったようですね。

立体なのに、型紙を使わないで、作れるんです!

私もいくつか作ってみたので、私なりのちょうどよい大きさのものを紹介します。

こんな方におすすめ

  • マスクを手作りしてみたい。
  • 立体マスクを作りたいけど、型紙なしで作りたい。
  • 直線縫いだけで、マスクを作りたい
  • 簡単な立体マスクを作りたい。

準備するもの

  • 表布 横24cm✖️縦17cm
  • 裏布 横24cm✖️縦17cm
  • ゴム紐 25cmを2つ

表布と裏布は同じでもOK!

作り方手順

  1. 表布と裏布、それぞれ生地を切る
  2. 中表にして、上下を縫いしろ5mmのところを縫う

3. 表に返して、上下を5mmのところを縫う

4. 上下4cmのところ折り、折った部分の5mmのところ縫う

5. 上下のおった部分を両端3cmのところで、斜めに引き出す

6. 両端2cmのところに印を付け、その部分を半分切る

7. 両端を三つ折りにして縫う

できあがり!

大臣風マスクの作り方動画

作成の難易度

直線縫いをする箇所が、8箇所です。

ミシンがあれば、20分ほどでできると思います。

手縫いで、並縫いだけでもできると思います。

ただ、横の長さ24cmを6箇所縫うので、ちょっと根気が入りますね。

つけ心地

つけ心地は、真ん中をしっかり立ち上がらせると、ちゃんと立体になります。

真ん中をアイロンでバッチリ折り込むことがポイント!

そして、鼻とあごが、つまみ出した布でしっかり覆われるので、口周りをちゃんと包んでくれます。

唇が布にも当たりませんので、なかなかいい仕上がりになってます。

最後に

いろんな作り方のマスクがあって、マスクって奥が深いですね。

その人の顔の大きさや形によって、フィット感も違ってくるので、一度作っただけでは自分にあったものを作れるかはわかりません。

この大臣風マスクは、型紙を使わないのに、立体でできるので、プリーツマスクに比べると、少し勝るんじゃないかと。

プリーツマスクは、やっぱり洗っていくうちに、ぺちゃんこになって、立ち上がりがなくなってきます。アイロンが必要。

手作りマスク立体とプリーツどっちがいい?難易度とフィット感を比較!

続きを見る

手作り立体マスク、気になる真ん中の隙間をなくす方法

続きを見る

手作りマスク初心者でもわかる生地選びダブルガーゼなくてもOK!

続きを見る

\この記事はいかがでしたか?/

-手作りマスク

© 2020 気まま生活 in バンクーバー